ホーム  >   Ubuntuの使い方
Ubuntuのインストール
日本ではUbuntuプリインストールPCは店頭で販売されておらず、ネット販売も限られていて一般にお目にかかる機会は殆どありません。従って、OSなしのパソコン、Windows、MacなどがプリインストールされたパソコンにUbuntuインストール用CD/DVD またはUSBメモリーからインストールします。インストールはとても簡単で、パソコンの機種にもよりますが、 大体15分以内に完了します。Ubuntuインストール用CDは、Ubuntu日本語サイト()からUbuntuISOファイルをダウンロードし、 CDに焼いて完成です。自分で簡単に作成できます。Ubuntuの雑誌の付録としてUbuntuインストール用CDがついていることが多いです。

  Ubuntuインストール用CDは、UbuntuのLiveCDでもあり、ハードディスクを使わずにCDのみでUbuntuを起動することができます。

  Ubuntu LiveCDを使って以下の手順でUbuntuをインストールします。

Ubuntuをインストールする手順
1.CDを入れるためにパソコンの電源をいれます。
   パソコンが立ち上がりますが作業とは無関係です。
2.Ubuntu LiveCDを入れます。
3.再起動します。
4.しばらくするとCDからUbuntuが起動し、Ubuntu起動選択画面が現れます。(図 1)
Ubuntuのインストール画面1
図1
5.日本語を選択し、[インストールをインストール]ボタンをクリックします。
6.「Ubuntuのインストール準備画面」が表示されます(図2)。[進む]ボタンをクリックします。
Ubuntuのインストール画面2
図2
7.「ディスク領域の割り当て」画面が表示されます。(図3)
Ubuntuのインストール画面3
図3
  下記のどれかを選択します。
  ○他のOSと共存させてインストール(デュアルブート) → 図4
  ○ディスク全体を削除してから使う(Ubuntuだけのシングルブート)→ 図5
  ○手動でパーティションを設定する(高度な知識が必要です)
Ubuntuのインストール画面4
図4 デュアルブート
Ubuntuのインストール画面5
図5 Ubuntuだけのシングルブート














8.タイムゾーンを選択します。デフォルトで「Tokyo」となっていますので[進む]をクリックします。(図6)
Ubuntuのインストール画面6
図6

9.キーボードの選択 「Japan」になっていますので、[進む]をクリックします。(図7)
Ubuntuのインストール画面7
図7

10.パソコンにつける名前とパスワードを入力して、[進む]をクリックします。(図8)
Ubuntuのインストール画面8
図8 名前とパスワードの入力

11.「ようこそ」からUbuntuについての案内のスライドショウ(図9)が始まり12-3分でインストールは完了し、[今すぐ再起動する]ボタンをクリックして 再起動をしてインストールは完了です。
Ubuntuのインストール画面8
図9 スライドショーが続く




CDからUbuntuが起動しない場合
 これは、ハードデイスクからの起動が第1優先になっているためで、BIOSの設定でCDからの起動を第1優先にします。BIOSの設定は、以下のように行います。
 パソコンの電源を入れた直後に画面の下に表示されるメッセージに従ってBIOS画面を出します。メッセージには機種によって異なりますが、[F2]キーか[DELETE]キーを押すように指示が出ています。[F2]キー(機種によっては[DELETE]キー)を押すとBIOS画面に変わります。BIOS画面でBootの順番を決める画面に移行し、矢印などで起動の順番を変えます。移動(順番の変え方)は、表示されている方法に従ってください。CDからの起動(Boot)をハードディスクからの起動より優先させます。 変更を保存してBIOS画面を閉じます。Ubuntu LiveCDからUbuntuが起動するようになります。

第1優先のブートデバイス:CDROM
第2優先のブートデバイス:USB-CDROM
第3優先のブートデバイス:HDD