ホーム  >   Ubuntuの使い方
デスクトップ画面(Unity画面)の操作
  ここでは初めてUbuntuをインストールした後の、Ubuntuの起動(1)から、アプリの起動(2と3)、 アプリの追加と削除(4)、終了(シャットダウン)(5)までのもっとも基本的な使い方です。

  Lancha(ランチャー)↓
  Indicater(インディケーター)↓  
1.Ubuntuをインストールすると沢山のアプリがインストール済。
  Ubuntuをインストールしたときに、LibreOfficeなどのアプリもインストールされているので、
  直ちにインターネット、メール、文書作成などができます。   デフォルトでインストール済みのアプリ
2.Ubuntuが初めての方でも操作は簡単。
  Ubuntuは標準のデスクトップ環境としてUnityを使っています。
  起動後現れるUnity画面左端にあるアプリのアイコンをクリックするだけ。
インストール直後のUbuntuの画面

Dash →
ファイルの保管場所 →
Firefox →
LibreOffice Writer →
LibreOffice Calc →
LibreOffice Impress →
Ubuntuソフトウエアセンター →

システム設定 →
ワークスペース →
ごみ箱 →
Lanchaの
アイコンを
クリックして
アプリを起動
 ●Lanchaにはよく使うアプリのアイコンを置いておきます。アイコンをドラッグすることにより自由に並べ替えができます。
 ●アプリを起動してもアイコンはLanchaに表示されたままなので、 他のアプリのアイコンをクリックして起動できます。
Lanchaは隠しておくこともできます。その分だけ画面が広く使えます。
[システム設定]→[外観]→[挙動]を[オン]にします。
ランチャーを隠す
カーソルを左端に持ってゆくとLanchaが現れます。
←[オン]にするとLanchaが隠れる
3.Dashという機能を使って検索し、現れたアイコンをクリック。
Dashはアプリ、ファイル、メディア(音楽、映像)を検索する新しい機能ですが、使い方は簡単。
以下のどちらかの操作でDashの画面が現れます。
 ①Lanchaの一番上にあるDashのアイコンをクリック
 ②[スーパーキー(Windowsキー)]をクリック
インストール直後のUbuntuの画面

現れたDashの画面(上図)に、これまで使ったアプリやファイルの一覧が使った新しい順に表示されます。
一番上の枠に検索するアプリ名やファイル名を入力する(部分で良い)と下に該当するアイコンと名前が現れます。
例えば、[cal]と入力するとアプリ欄に表計算アプリLibreOffice Calcが表示されます。
表示されたアイコンをクリックするとCalcが立ち上がります。

Dashで検索

Lens 検索カテゴリー(分類)の指定
DashのLens
 ホーム       アプリ     ファイル     ビデオ     音楽       写真     ソーシャルネットワーク