ホーム  >   Ubuntuの使い方
アプリの追加と削除
Ubuntuでは、 OSインストール時に既に沢山のアプリケーションソフト(アプリ)がインストール済みです。
Ubuntunにおけるアプリの追加と削除はUbuntuソフトウエアセンターで行います。
これは、スマホやタブレットの登場以前から行われている方式で、言わば「アプリストア」の元祖です。
Ubuntuソフトウエアセンター
 
 Ubuntuソフトウエアセンターでインストールされるアプリは、リポジトリ(認証登録されたデータが貯蔵されたサーバー)から 呼び込まれます。全てのアプリは、Ubuntuでの動作確認済みでウイルスに汚染されていない安全なソフトです。 ほとんどのアプリは無料ですが、有料のものもあります。Ubuntuソフトウエアセンターには、アプリの他に書籍も販売されています。
Ubuntuソフトウエアセンターの画面
                 ↑
インストールしたアプリの名前(部分で可)を入力する


アプリのインストール方法 1 ー アプリ名で検索してインストール
GIMPを検索した例
検索枠に「GIMP」(部分でも良い)を入れると該当するアプリ名が表示される。
UbuntuソフトウエアセンターGIMPの検索


  GIMP画像エディターをクリック
UbuntuソフトウエアセンターGIMPの検索


[インストール]ボタンをクリックするとGIMPのダウンロード、インストール全て自動的に行われる。
インストールが終わると[インストール]ボタンは[削除]ボタンに変わる。
UbuntuソフトウエアセンターGIMPの検索


アプリのインストール方法 2 ー 分類から捜してインストール
GIMPを検索した例
1.カテゴリーの「グラフィックス」を選択
UbuntuソフトウエアセンターGIMPの検索


2.「グラフィックス」の中分類の中の「ペイント&編集」を選択
UbuntuソフトウエアセンターGIMPの検索


  GIMP画像エディターをクリック
  後は、アプリの選択1と同じ。