ホーム  >   Ubuntuの勧め
Ubuntuを勧める理由
1.寡占から競争へ ユーザーの選択肢を増やす
  • 一つのOSの寡占状態においてユーザーは選択肢を制限され、バージョンアップやサービス停止により新らたな購入を強いられる。
  • 海外ではUbuntuプリインストールパソコンが店頭販売されているが、日本ではWindowsパソコンしかなく、ユーザーの選択肢がない。
  • Ubuntuのような優れたOSがあるのにマスコミ等で知らされていないユーザーの不幸。
  • 新たなOSの参入により競争原理が働き、サービス向上、技術的発展が図られる。
    家電や車のように沢山種類があるのが望ましい。中身を明らかにして(オープンソース)、規格・仕様は統一した方が良い。
2.まだ使えるパソコンを廃棄せずに使い続けられる
  • WindowsXPサポート終了に伴い日本国内だけで1千万台以上のパソコンが廃棄されたという
  • 環境破壊と資源枯渇を招く大量消費・使い捨て時代から物を大事にして地球環境を守る時代への転換
  • Ubuntuにすれば無料のバージョンアップにより壊れるまでパソコンを使い続けられます
3.オープンソースで無料
  • ソースが公開されているので安心(ソース非公開は何をされているかわからない不安)
  • カスタマイズ、再配布自由
  • OSもアプリも無料、バージョンアップも無料
4.Ubuntuの数々の優れた特長
  • アプリのインストールと削除が簡単、1クリックでインストールあるいは削除
  • OSのインストールと更新が簡単
  • アプリの更新が簡単(通知がきて1クリックで更新または自動更新の選択)
  • デフラグ不要
  • ウイルスに強い安全対策がなされている。
  • DVDやUSBメモリーを使ってハードディスクを使わずにUbuntuが使える。
  • DASHやHUDなどの先進的な機能
  • ユーザーインターフェイス(デスクトップ環境)が複数用意されていて簡単に選らぶことができる。
5.斬新で使いやすいユーザーインターフェイス(Unity)
  • Ubuntu起動後最初の画面で(あっちこっちに飛ばずに)アプリの起動、インストール・削除、ファイル操作ができる
  • スマフォ、タブレット、パソコンで操作性が一貫している。
6.安全、安心、高機能
  • 現在使われているOSの中で最も安全性が高い(英国政府情報本部の検証)
    常時セキュリティアップデート(自動的に更新可)
  • Linuxは宇宙から家庭まで様々な分野の社会基盤を支えるOS
    スーパーコンピュータの100%近く(世界最速のスパコンのOSはUbuntu)、大規模サーバーの大半はLinuxが使われいる。
    Ubuntuは、Linux OS
  • UbuntuはWebサーバー、クラウドサーバーで使われている。
    クラウド基盤OpenStuckの約7割にUbuntuが使われている。
7.高機能でありながら比較的低スペックの機種でも使える
  • WindowsXPの中古パソコンではWindows7や8は使えないが、buntuなら要件を満たせば(メモリー1GB以上など)最新のバージョンでも使える
  • 低スペック機種向けの軽量Ubuntu(Xubuntu、Lubuntu)もある
8.Ubuntuは、スマートフォン、タブレット、パソコンを一つのOSで統合
  • スマートフォンでタブレットもパソコンもできる。
  • スマフォ、タブレット、パソコンのユーザーインターフェイスがUnityで統一
  • スマフォ用とパソコン用のアプリ両方が使える。